HOME > 記事掲載雑誌一覧 > 掲載雑誌紹介 トヨタ ハリアー No.6

スタイルRV トヨタ ハリアー No.6

(画像の使用・記事の引用に関しては、著作者からの許可を頂いています。)



■■全車標準装備の盗難防止システムだけでは安心できない。■■


よりトラップを増やしてハリアーを車上荒らしや盗難から守る
 

2015年の夏現在、60ハリアーの車上荒らしや車両盗難発生件数は他の車種に比べるとそれほど多くはないが、実はこれから先が一番注意しなければいけない時期だと、V.A.S.Sネットワーク加盟店「キッズガレージ」の吉田さんは語る。  
新車の発売から時期が経つと、輸出の関税の問題で、盗難集団が動き出すケースが多い。先代ハリアーも同じような動きだったし、現在20ヴェルファイア&アルファードの被害件数が伸びているのもそういった理由が考えられるのだ。

「最近のトヨタ車に付いている純正イモビは、もちろんないよりはマシですが、プロ集団には効果が薄い。今回紹介している純正スマートキー連動モデルも、最近ではキープログラマーという手段で狙われることもあります。他の車種でガラスを割られた形跡がなく、車両盗難されるケースも増えています。まだはっきりとはしていませんが、キープログラマーによる盗難と考えられます。そういった理由から、別途セキュリティ専用リモコンが付いているシステムがおすすめです」と、吉田さん。

 もちろん予算の問題もあるだろうが、盗難されてから後悔しても遅い。しっかりと愛車をガードするシステムを構築して、安心のハリアーライフを楽しみたい。







お問い合わせはこちら