HOME > 記事掲載雑誌一覧 > 掲載雑誌紹介 スタイルRV トヨタハイエースNo.23

スタイルRV トヨタ ハイエース No.23

(画像の使用・記事の引用に関しては、著作者からの許可を頂いています。)

ハイエースオーナー様へV.A.S.Sネットワークがオススメするカーセキュリティのページも是非ご覧ください!

 

(以下記事より引用しています)

いつ盗まれても不思議じゃない それがハイエースというクルマ

■■ 車種別の車両盗難件数では常にワースト3にランクインしているのがハイエース。 ■■
日本国内はもとより海外でもその人気が高い車種であることと、盗難率が高いのにセキュリティ性が低いことが重なって、被害が続出しているのが現状だ。
特にハイエースやプリウス、ランクルといった海外でも人気の車種は、プロの窃盗団によって組織的に犯罪が行われているようなので、こちらとしてもしっかりとした対策を施さないといつ盗まれても不思議じゃない危険な状態となっているのだ。

そこでカーセキュリティのプロ集団「VASSネットワーク」加盟店であるキッズガレージの吉田代表に聞いてみた。
 「ハイエースは明らかに狙われているクルマだということをまず自覚することが大切です。しかも最近の窃盗団はハイテク化が進んでいるので、純正のイモビライザーはあまり役に立ちませんし、スマートキーコピーという新たな手口が登場しているので、注意が必要です。VASSネットでは、定期的に犯行の手口や傾向を分析するセミナーを開催して情報を共有することで、どの店舗でも最強のセキュリティを構築できるように準備しています。もちろんカーセキュリティだけでなく盗られにくくするための心がけなども含めて、VASSネットでは提案させてもらっています。」  

ハイエースはたくさんの機材を積んで仕事に使っている人も多いクルマ。そんな大切なクルマが機材ごと盗まれたら・・・と考えたら恐ろしくて夜も眠れなくなる。
そんなことにならないためにも、自分の使用環境に最適なセキュリティを選んでしっかりとガードしてやろう。  
  

■■ ハイエースの純正セキュリティシステム ■■

 ハイエースにはこれまでイモビライザーなどのセキュリティアイテムは一部グレードのみ標準装備されていたのだが、ハイエースの盗難が激増したためか、2012年5月以降のハイエースでは、全車に標準でイモビライザーシステムが搭載された(オートアラームはオプション)。
このイモビライザーは、エンジンキーに信号を発信する装置が組み込まれていて、あらかじめ登録されたキーでないとエンジンが始動できないようになっている。

■■ セキュリティの種類 ■■

セキュリティといっても実は色々な種類やタイプのものがあり、その目的や使用環境、予算などによっても選べるアイテムが異なってくる。
もちろんハイエースに標準装備されているイモビライザーもセキュリティの一種だが、最近のハイテクプロ窃盗集団の手に掛かれば、純正イモビライザーなんてあっという間に解除してしまうらしいので、泣きをみないためにもしっかりとしたセキュリティを装着するようにしたい。

  • ■多機能&拡張型セキュリティ クリフォードインテリガード870Jなど
  • ■簡易型セキュリティ ホーネット ビーセンサー
  • ■機械式ロック型 ホーネットハンドルロック
  • ■その他 スリーピースセキュリティステッカー






お問い合わせはこちら